戻る 進む   | Company0120-77-1488 |   ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ 
EMBEDなし
【 SITE MAP/EXTRA 】 の中のメニューです。
屋根のリフォーム
水平線


瓦写真

メンテナンス
屋根の種類と特徴
ご注意
 家の真下に立つとほとんど見えませんが、外観を左右する重要部分です。また、屋根材が重いと家にかかる負担も多く、特に大地震の際には倒壊の原因にもなります。頻繁なメンテナンスは必要ありませんが、割れたりずれたりすると雨漏れの原因にもなります。家の寿命にも大きく左右する重要部分です。


メンテナンス
水平線
 メンテナンスは塗り替えか葺き替えになります。塗装ができる素材の場合は再塗装でメンテナンスをし、怠ると手遅れで葺き替えをしなくてはならなくなる場合もあります。通常目にする場所ではないので注意するのが難しいですが、雨漏れが起きてからだと余計な補修をしなくてはならなくなります。
ページの一番上へ




屋根の種類と特徴
水平線
大きく分けて4種類です。

■  粘土系
粘土系屋根の写真一般的にいわれる瓦で、和風でも洋風でもよくあう瓦です。重量は重く地震には弱いですが、耐久年数は一番長いです。最近ですと色やバリエーションも多く選びやすくなっているようです。


■  スレート系
スレート系屋根の写真玄昌石で作る天然のものと、コロニアルの様なセメントに繊維を混ぜ強化したものがあります。素材としては軽いため、地震に対しては優れています。また色柄も豊富でコーディネートしやすいです。それ自体では雨漏れは起こさないといわれていますが、7〜8年で退色しますので、塗装をした方が良さそうです。]

■  セメント系
スレート系屋根の写真セメントをプレス加工したもので、厚みがあるため重量があります。また雨仕舞いが悪く、再塗装が必要なため、使用されなくなっています。




■  金属系
金属系屋根の写真金属をプレス加工した鋼板屋根や、トタン屋根等で、とても軽量で地震に強いです。また金属のため、錆びて腐食しますので塗装が必要です。





トタン屋根張替風景
水平線
トタン屋根張替風景写真
既存屋根剥し
トタン屋根張替風景写真
下地作り・防水シート
トタン屋根張替風景写真
板金工事

※ 上記のトタン屋根の葺き替えは、経年変化による腐食と台風による剥れにより雨漏れが起きたためです。




ご注意
水平線
  飛込みでの営業や悪徳業者もいるようです。例えば「近くで工事しているのですが、屋根を葺き替えた方がいいですよ。いまなら安くします。」というような方法で営業してくることもあるようです。見えないところですから不安になりますが、自分から信頼できる業者にみてもらう方が良いでしょう。
ページの一番上へ

リフォーム 世田谷区 江東区 目黒区 東京都 アレックス

EMBEDなし





■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■
■ ■ ■

Copyright (C) 2017 ALEX Corporation. All Rights Reserved.