戻る 進む   | Company0120-77-1488 |   ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ 
EMBEDなしa

【 ご新居とリフォーム 】 の中のメニューです。【 テーマ別リフォーム 】 の中のメニューです。
収納スペースの充実リフォーム
水平線


 収納スペースの充実に関しては本当に多くの方々が希望されているようです。「私のお家には収納スペースが沢山あります」と自信をもって言える方は多くはいないのではないでしょうか? また、沢山あったはずの収納スペースがいつの間にかモノで埋め尽くされたという経験を持つ方は多いはずです。収納スペースの充実は現代生活を営む我々としては永遠のテーマのようです。以下に収納スペースを充実させるためのコツをちょっとだけご紹介させて頂きます。

■ オーダー家具でスペースをフル活用
 マンションなどで多くみかける邪魔な梁や壁・柱。空いたスペースをもっと有効に使用したのだけれど、空いた寸法にピッタリの家具が見つからない。そんな時、家具をオーダーしてみてはどうでしょうか?オーダー家具ならばミリ単位での製作が可能、余す所なくスペースをフル活用する事が可能となります。
  「オーダー家具」へリンク

■ ニッチ収納の採用
拡大写真へリンクします ちょっとしたスペースは意外と見落としがちなものです。家具と壁の間に出来るデッドスペースなどもそうですが、空中に吊戸棚が取り付けられるスペースや、無駄な壁厚を利用できそうなスペースなど探せばいろいろとあるものです。先入観のない目でもう一度お家の中を見渡してみましょう。

■ 壁面収納
壁面収納の写真 最近の薄型テレビの人気で、TVボード兼・壁面大型収納の製作依頼を沢山頂くようになってきました。TV廻りの家電製品を綺麗に見せるのも当然ながら、リビングに散在してしまう様々なモノ達をすっきりと収納する事が可能となります。

■ 床下・畳下収納
 戸建住宅ならばぜひ採用して頂きたいのが床下収納です。現在ではスライド式の大容量のものもありますので、ぜひご検討下さい。また、床下を利用できないマンションなどでは、和室を設け、床面を通常の椅子の高さくらいまで上げて、畳の下を利用することも大容量の収納スペースを実現させます。

■ 使い勝手の良い収納
使い勝手の良い収納の写真 スペースは変わらないのですが、収納を使い易くすることで効果的にスペースを活用する事が可能となります。「基本的に手の届かない収納」?確かにないよりあった方がいいですが、億劫で、お片付けしづらいですよね?収納の目的が室内を綺麗ですっきりとした状態に保つことであれば、子供が使う収納などは子供でも収納がし易いように工夫をすれば、目的が達せられるのではないでしょうか?


水平線


● リフォーム工事は整理整頓のチャンス
 最近地域にもよりますが、ゴミの分別が厳しくなり簡単にゴミが捨てられなかったり、大きいゴミだと有料化になったりとなかなか気軽に処分できなくなっております。また、押し入れやタンスにしまった小物など全部出して整理をするなどとても面倒な作業かと思います。
 リフォーム工事を行う事は日頃手をつけなかった収納スペースの整理整頓を行うチャンスです。しまってから一度も使用していないもの、いつかは使うかもしれないととっておいたもの、捨てるにはちょっとした勇気が必要ですが、思い切って処分してみてはいかがでしょうか?思ってた以上にスペースができたり、外にあふれていたものが収納できるかもしれません。必要の無い家具など、解体工事の時に一緒に壊してしまえば思っていた以上にコンパクトに処分可能です。(一部有料になるものもございますのでお問い合わせ下さい)
 
● 収納するものを決めて収納スペースの計画
 収納するものがある程度整理できたらある程度何をしまうか想定しながら収納計画をたてましょう。収納するものによって必要な奥行き、高さ、幅が大きく違ってきます。同じ大きさのものを揃えて収納する、使用頻度を考えて収納するなど考えて計画をすると、無駄なスペースがなく効率的な収納スペースを作る事ができます。
 
● ありません押し入れ いりません押し入れ
 最近のマンションでは和室が無く、季節ものの布団や毛布を収納するスペースにお困りのお客様がいらっしゃいます。布団圧縮袋など便利なものもありますが、最低半間(90cm)の布団収納スペースは確保したいものです。またそれとは逆に、古い間取りのマンションだと収納が押し入ればかりで洋服をしまうのに苦労をする、奥行きばかりでスペースが無駄、天袋スペースが勿体無いなどといったご相談をいただきます。ある程度の布団収納スペースを確保して、クローゼットスペースを造作したり、間口が広く奥行きが浅い可動棚のスペースを計画してみてはいかがでしょうか。 
 
● ちょっとしたカスタマイズ
 お手持ちの洋服の数や種類によって必要なスペースが変わってきます。ロングコートのスペースを半分にして、2段分スーツをかけられるようにハンガーパイプを組み直す、棚を追加するなど今お使いの収納をカスタマイズするだけでずっと使い勝手がよくなります。 
ページの一番上へ

リフォーム 世田谷区 江東区 目黒区 東京都 アレックス

EMBEDなし




■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■
■ ■ ■

Copyright (C) 2017 ALEX Corporation. All Rights Reserved.