戻る 進む   | Company0120-77-1488 |   ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ 
EMBEDなし
【 リフォームの知識と準備 】 の中のメニューです。
収納の仕方
収納の仕方   
水平線


収納の写真  多くの方々がお悩みの「収納の仕方」について基本的なことをご説明させて頂きます。収納スペースを増やす工事はリフォームにはつきものですが、まずは、現状の収納スペースにうまく収納する習慣を身につけなければ、増えた収納スペースがたった1年間でいっぱいになり、またまた収納スペースが足りなくなってしまったなんてことはよくお客様からお聞き致します。要するに、何も気を付けていないと、持っている収納スペース分、家財を増やしていってしまうという事が原因のようです。


基本
水平線
  1. キッチンの物はキッチンに、子供の物は子供部屋に、リビングで使うものはリビングに、ストックの品もすべてそれぞれの場所に収納する。
  2. 片付けることが苦手なひとは、出来るだけ 「見せる収納」 は避けましょう。
  3. 不要な物は思い切って処分する。(地域ごとのリサイクルなども検討しましょう。)
  4. 手作りカーテンなどで収納を目隠ししない。(失敗すると、お部屋の雰囲気が安っぽくなる場合があります。)
  以上が美しい収納をする為の基本です。これらのことを頭に入れてから場所ごとの収納のポイントを見ていきましょう。

玄関
水平線
  一番最初の印象のスペースですから、靴箱に傘や来客用スリッパなどすべてが収まるような収納にします。スペースに余裕があれば大きいもの、例えばゴルフのバックや買い物カート、ベビーカーなども入る大きい戸棚を作る事ができれば理想的です。(靴箱はタタキのところに作るならひき違いの扉にすること。) 玄関が狭い場合は高い収納戸棚は作らないようにしましょう。(圧迫感があり狭く感じます。)

リビングダイニング
水平線
  高い収納家具にしないこと、確実にその分部屋は狭くなります。床から1mを高さの限度としてその上のスペースは絵を飾ったり花を置いたり個性的にレイアウトしたいものです。 オープンキッチンの場合はリビングとの仕切りになるカウンターはキッチンが丸見えにならないように少し高めにすることとキッチンに向かうようにソファを配置しないことです。

キッチン
水平線
  キッチンで使う道具や食器・調味料など、使う場所に近く機能的に便利なように収納。シンク下には水を使う道具類、洗剤やそのストック、ボールや鍋類。ガス台下には調味料類、フライパンなど。高い戸棚には普段使用しない物。冷蔵庫の上や食器棚の上には物を置かないこと。(何か飾るものを置いてしまうと良い) キッチンにも余裕のある楽しい雰囲気が大切です。

トイレ・洗面所・バスルーム
水平線
  一番雑然とするのは洗濯機のまわりですから洗剤、タオル、その他いろいろすべてがキチンと入る余裕のある収納を考えましょう。洗濯物が入ったバスケットもキャスター付にして収納できればすっきりです。

ベッドルーム
水平線
  ここは衣類と寝具の収納、また個人の趣味のものも収納されるでしょう。衣類は季節で入れ替えしやすいようにハンガーにかけたまま移動できるように、また引き出しを入れ替えるだけにするような工夫が必要です。クローゼットの一番上の棚は季節で使わない寝具を収納、一番下には普段履かない靴など箱に入れて収納できれば玄関の靴箱にも余裕ができます。

子供部屋
水平線
  小さい子供の部屋は楽しく遊べてお片づけが自分で簡単に出来るようにすべてキャスター付の引き出しや箱にすると掃除も簡単で便利かもしれません。クローゼットも子供のとどく高さにパイプを付けて、なるべく自分で着替えもできるように楽しい収納にしましょう。ここは手作りでいろいろ楽しく工夫すると暖かい雰囲気になる場所です。



  必要な収納戸棚ができたら、中身は通販などでもいろいろとサイズも揃っていて、便利なものがたくさんありますから整理しやすいように工夫しましょう。

リフォーム 世田谷区 江東区 目黒区 東京都 アレックス

EMBEDなし





■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■
■ ■ ■

Copyright (C) 2017 ALEX Corporation. All Rights Reserved.