戻る 進む   | Company0120-77-1488 |   ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ 
EMBEDなし
【 SITE MAP/EXTRA 】 の中のメニューです。
照明器具
水平線



  一口に照明器具といっても、ランプの種類から、器具の形状、同じ形をしていても用途の違う照明器具など本当にさまざまです。ここでは、簡単に照明器具のいろいろをご説明させて頂きます。
page menu
・ 照明の効果
・ 光源(ランプ)の種類
・ ライティングのヒント


シーリングライトの効果
水平線

シーリングライト@ 天井に直接取り付けメインの照明として部屋全体を均一に照らします。照明としては最も一般的です。

A 薄型でスッキリしたデザインのもの、アイアン、ウッドなどのフレームをあしらったデザイン性の高いものなど、お好みのインテリアにあわせて、多種多様なデザインの商品からセレクトすることが可能です。「昼白色」「電球色」などの光色選択が可能です。


シャンデリアの効果
水平線
シャンデリア@ 装飾性が高く華やかなシャンデリアはメイン照明として空間を彩ります。

A エレガントなものからモダンなものまでデザインが豊富で白熱灯を使用していれば、調光器によって無段階に調節する事ができます。

ダウンライトの効果
水平線
ダウンライト@ 暗くなりがちな部屋の隅を照らす補助照明として活用する事で部屋全体を均一な明るさにできます。

A 集光性のある光源を使えば、オブジェなどに光をあてる事で、空間 にメリハリをつける事ができます。

B 照明器具をすべてダウンライトで構成した場合、照明が天井と一体化し空間に広がりが生まれ、全体的にスッキリしたイメージになります。


※ 近頃ではLEDタイプのものが一般化してきています。

スタンドの効果
水平線
スタンド@ 補助照明としてだけでなく、お部屋のインテリアとして、ムードを高めます。

A セードの形状によっては、光だけでなく影の模様でも空間の演出が可能です。

B 移動が可能なので位置を変えて雰囲気を変える楽しみもあります。

ペンダントの効果
水平線
ペンダント@ ダイニングテーブルやキッチンの食卓の演出に適した吊り下げ型の照明です。

A 多灯使いは光がテーブルを中心に料理と人を明るく照らし、食卓を華やかに演出します。



ブラケットの効果
水平線
ブラケット@ 壁面や柱に取り付ける補助照明ですが、アクセント的な使い方で雰囲気ある光の効果を生み出します。

A シーリングライトやシャンデリアとのデザインのコーディネートによってインテリアの統一感を生み出します。

B 器具によって、壁面を照らしたり、天井を照らしたり、床を照らしたりと
様々な配光を楽しむ事ができます。
ページの一番上へ

光源(ランプ)の種類
水平線
A.白熱ランプ(一般電球、ミニクリプトン、ボール球、レフランプ)
  1. 白熱灯ランプ光の色 : ロウソクの炎のような赤味を帯びた柔らかく暖かみのある 光です。
  2. 光の質感 : 陰影がつき物の立体感や艶が強調されます。
  3. 特徴 :
    • 落ち着いた雰囲気でくつろぎ感やムードを演出します。
    • 交換が容易で瞬時に点灯させる事が可能です。
    • お好みに応じて調光機能が付けられる。
    • 電球の単価が安い。
B.蛍光ランプ(直管型ランプ、丸型ランプ、電球型ランプなど)
  1. 蛍光灯ランプ光の色 : 2種類あり「昼白色」は青白く太陽光のような爽やかな色です。「電球色」はやや赤味を帯びた柔らかく暖かみのある光で日の出の太陽光のような光です。
  2. 光の質感 : 全体が均一で明るくフラットに見せます。
  3. 特徴 :
    • 爽やかで活動的な雰囲気を演出します。
    • 電気代も安く、寿命も長い。
    • 物の陰影が付きにくく作業スペースの光に適している。
    • 同じワット数の白熱ランプより明るく、発熱量も少ない。
C.LEDランプ(ダウンライト、シーリングライト、電球型ランプなど)
  1. LEDランプ光の色 : 「昼白色」「電球色」からお選び頂け、さらに、「高演色タイプ」、「標準タイプ」もご選択いただけます。さらに器具によっては、シーンによって光の色を変えることができる調色タイプもあります。
  2. 光の質感 : 光が垂直にすすむ特徴があり、直下の光に優れています。
  3. 特徴 :
    • 省エネ、エコ。
    • 長寿命(白熱灯の40倍)
    • 電気代が安い。(白熱灯の1/10、一日約1円)
    • 高温にならない。
    • スイッチを入れた直後から明るく点灯します。
    • 調光・調色が可能。
    • 今までにない独特な光の演出が可能。
ページの一番上へ

ライティングのヒント
水平線
  1. 複数のあかりを組み合わせるリビングなど、多目的に使う居室には複数の明かりを組み合せましょう。点灯する光の数、明るさを変える事によって、お部屋の表情が豊かになります。
  2. 小さな明かりを上手に使うブラケットやダウンライトなど部分的に照らすあかりは、明るさを補うだけでなく、形や光が美しいものです。サイズはコンパクトですがお部屋をおしゃれに雰囲気良く演出します。
  3. バランスを考えるあかりの位置に高低差をつけて空間の豊さを引き出したり、部屋の対角に配置して奥行を生み出したり、全体のバランスを整えます。

  アレックスではほとんど全ての照明器具メーカーの商品を取り扱っております。様々な照明器具の中から、お客様のご希望、お好みのインテリアに応じて、最適な照明プランをご提案いたします。お気軽にご連絡頂ければ幸いに存じます。

空間に適した「快適なあかり」選び  ページの一番上へ

リフォーム 世田谷区 江東区 目黒区 東京都 アレックス

EMBEDなし





■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■
■ ■ ■

Copyright (C) 2017 ALEX Corporation. All Rights Reserved.