戻る 進む   | Company0120-77-1488 |   ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ 
EMBEDなし
【 リフォームの知識と準備 】 の中のメニューです。
メンテナンスの必要時期
メンテナンスの必要時期
水平線


  皆様のお手入れ次第で、お家の寿命や住み心地は、長い間には大きな違いが出てきてしまいます。正しいメンテナンスで出来るだけ長い期間を快適で安全な環境でお暮らし頂きたいと思います。ここでは、一般的に推奨されるメンテナンス時期を記載させて頂きます。ここに記載されているほど頻繁にメンテナンスをしているのは、もしかしたら公共の建物くらいしかないかもしれませんが、住居の寿命を第一に考えるとこういう事になってきます。



防虫防蟻処理 5年
水平線
  土台まわりは建築にとって最も大切な部分です。最近は毒性の少ない薬剤を使いますから有効期間は短いのです。


外装吹き付け 7〜8年
水平線

  外壁の吹き付けは建築を水から守る皮膜として大切です。材料や条件によって多少の差はありますが、7〜8年で手を入れて下さい。
 「外壁塗装」へリンク


屋根・庇 約10年
水平線
  長い間には地震や強風の影響で瓦がずれたり、凍結で瓦が割れたり、表面の塗膜が劣化することがあります。10年目にはチェックして下さい。
 「屋根のリフォーム」へリンク


防水工事 10〜12年
水平線

  通常防水工事の保証期聞は10年です。劣化して漏水がおこる前に手を入れて下さい。
 「アレックスの保証書」へリンク


外部の塗装 3〜5年
水平線
  鉄部は錆の発生を抑えるため、木部は紫外線による木材の劣化を押えるため、3〜5年に手を入れて下さい。鉄部のためには3年位が理想です。
 「外壁塗装」へリンク


給湯管 7〜10年
水平線
  通常給湯管には鋼管が使われていますが、熱や電融によって7〜10年の聞に針で刺したような小さな穴(ピンホール)があくことがあります。万一漏水すると建物に悪い影響を及ぽします。10年を過ぎたらチェックして下さい。


ガス設備 6〜8年
水平線
  加熟機器は使用頻度によって差がありますが、7〜8年で損傷がひどくなります。


電気設備 7〜10年
水平線
  回転部分や接触部分は使用頻度によって損傷をうけます。7〜10年の間にメンテナンスを入れて下さい。


給排水衛生設備 約10年
水平線
  通常の使用でも長年の間には劣化がおこります。10年程度経過したらチェックをして下さい。


壁紙 約5年
水平線

  壁紙や接着剤が5年程度で劣化します。早めに手入れして下さい。
 「クロス貼替え」へリンク



■  各インテリア商品の推奨したい替え時期
商 品 推奨したい
替え時期
現状の
替え時期
壁紙(クロス) 5年 12年
カーテン 4年 7年
カーペット 6年 8年
タイルカーペット 5年 8年
クッションフロア 7年 13年
襖紙 4年 5年
障子紙 2年 4年

ページの一番上へ

リフォーム 世田谷区 江東区 目黒区 東京都 アレックス

EMBEDなし





■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■
■ ■ ■

Copyright (C) 2017 ALEX Corporation. All Rights Reserved.