戻る 進む   | Company0120-77-1488 |   ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ 
<FONT face="メイリオ" style="font-family : メイリオ;">EMBEDなし</FONT>
【 アレックスって? 】 の中のメニューです。
アレックス 営業マン工事日記
アレックス 営業マン工事日記
水平線

ページメニュー
解体前
解体工事その1
解体工事その2
スミ出しその1
配管工事
システムフロアー工事
スミ出しその2
軽天下地工事
大工木工事
ユニットバス組み立て
玄関ドア工事
ボード張り工事
キッチン取付
塗装工事
内装仕上げ工事
器具取付・クリーニング
完成後
  この業界としては非常に珍しいと言われますが、アレックスでは多くの工事に際して、営業マンが引き続き現場の管理を致します。普通のリフォーム会社では営業マンと現場管理とが分かれて作業を分担致します。なぜこのような形態になったかと申しますと、お客様とのお打合せ内容はもちろんのこと、言葉では言い表せない微妙なニュアンス・ご趣味なども、現場に反映させていきたいと考えた時、営業マン=現場監督が一番であろうと考えたからです。
 この結果営業マンの労力は大変なものになりましたが、お客様にはこの方法を用いてからの約10年間の間、大変喜ばれて参りました。また、アレックスの営業マンのリフォームに関する知識は、当然群を抜いていると言えますので、お打合せの際には非常に重宝されおります。

 というわけで、今回の営業マン工事日記は営業過程での日記ではなく、工事が始まってから完了するまでの過程を日記にさせて頂きました。題材の工事は、目黒区のY様のお宅です。ワンフロアーにワンルーム×2部屋、1LDK×1部屋あったものを、間仕切りを全て撤去し、1世帯の住宅へリフォームするという大工事です。

  
① 解体前
水平線
リフォーム前写真  解体前の様子です。18㎡のワンルームが2部屋と、40㎡の1LDKの1部屋、8㎡共用部分の廊下をリフォーム工事により、約85㎡の1世帯のお部屋に生まれ変わらせる大工事です。


ページの一番上へ

  
② 解体工事~その1
水平線
  まず、各お部屋のキッチン、ユニットバスの設備廻り、床、天井、間仕切り壁、各種配管などを撤去いたします。さすがに3部屋分となると発生する残材がものすごい量になります。また、現場がエレベーター無しの3Fだったので、全ての廃材を階段で搬出しましたので非常に時間が掛かりました。解体屋さんお疲れさまでした。


リフォーム中写真

リフォーム中写真

ページの一番上へ

  
③ 解体工事~その2
水平線
  各お部屋の解体をあらかた終わらせ、前半の工事の山場、各お部屋の境の壁(コンクリート)を解体撤去します。コンクリートを特殊な機械でハツルのですが、その音は建物の内部にとどまらず、ご近隣まで響きわたります。(例えるならば建物の中で道路工事を行っているような感じです)ご近隣にお住まいの皆様には大変ご迷惑をお掛けいたしました。解体初日から写真の状態になるまでに10日間掛かりました。ここまで綺麗に撤去すると今まで、天井の上、床の下で隠れていた事が見えてきます。想定していなかった配管などが出てくると対応に困ります。



リフォーム中写真

リフォーム中写真

リフォーム中写真

ページの一番上へ

  
④ スミ出し~その1
水平線
  解体工事が完了すると、施工前に作成した図面を元に、現場での微妙なずれを補正しながらコンクリートの上に、新しく造作する壁の位置や、配管取り出しの位置をスプレーなどで指示をします。このスミが全ての基準になりますので、非常に重要な作業です。 リフォーム中写真

ページの一番上へ

  
⑤ 配管工事
水平線
  水廻りの配管工事です。給水管、給湯管、排水管を各水廻りの設置位置に立ち上げます。ガス給湯器の配管工事、ユニットバスの追い炊き配管工事なども同時に行います。 リフォーム中写真

ページの一番上へ

  
⑥ システムフロアー工事
水平線
  床の下地を組み立てます。以前は大工さんが木材で組み、非常に時間が掛かる作業でした。今ではシステム化された部材を使用して工期の短縮と工費の削減が可能になりました。 リフォーム中写真

リフォーム中写真

ページの一番上へ

  
⑦ スミ出し~その2
水平線
  床の下地が完成すると、その上に再度壁の位置を指示いたします。全ての作業の原点ですので、慎重に行います。 リフォーム中写真

リフォーム中写真

ページの一番上へ

  
⑧ 軽天下地工事
水平線
  間仕切り壁の下地、天井の下地を造作します。こちらも昔は大工さんが木材で組んでいましたが、現在ではほとんどの新築マンションなどでも写真のような軽量鉄骨の下地を採用しております。やはり大工さんが造作するよりも、工期、工費共に削減できます。 リフォーム中写真

リフォーム中写真

ページの一番上へ

  
⑨ 大工木工事
水平線
  とはいっても、大工さんの工事が全て無くなるわけではございません。細部の造作や、加工品の取り付け、勿論壁や天井の下地も場所によっては大工さんが行います。大工さんの工事は仕上がりに大きく影響してきますので、腕の良い大工さんは欠かす事ができません。 リフォーム中写真

ページの一番上へ

  
⑩ ユニットバス組立て
水平線
  ユニットバスを組み立てます。解体工事にも書きましたが今まで見えていなかった配管が出てくるなどの問題から、予定していたユニットバスの大きさがそのままでは入らないなどという問題もたまに発生します。今回も非常に太い配管が様々天井から下がっており天井を全体的に下げ、なおかつ2方向の壁で梁型に加工する(勿論お客様に現場を見ていただいて了解をいただいた上でですが)という苦肉の策で問題を回避しました。 リフォーム中写真
 
ユニットバス ページの一番上へ 

  
⑪ 玄関ドア工事
水平線
  今回、玄関ドアは処分するにはまだ勿体ないので、3本あるうちの1本を生かして、今まで廊下だった場所へ移設いたしました。通常のアルミ製のドアなら施工も容易でしたが、マンション用の鉄扉ですので取り付けには溶接が必要で非常に苦労いたしました。廻りをモルタルで補修して完了です。 リフォーム中写真

ページの一番上へ

  
⑫ ボード張り工事
水平線
  大工さんが建具の枠取り付けを行い、電気屋さんが電気の配線を終わらせると、壁、天井の下地に石膏ボードを張っていきます。ボードが張られるといわゆる下地工事が全て完了いたしますので、最後の仕上げ工事の工程に入っていきます。 リフォーム中写真

ページの一番上へ

  
⑬ キッチン取付
水平線
  システムキッチンを取り付けます。最初にキッチンパネルを張り、吊戸、カウンターと順に取り付けていきます。複雑な構成でなければだいたい1日で完成いたします。 リフォーム中写真
 
キッチン ページの一番上へ 

  
⑭ 塗装工事
水平線
  スケルトンにした場合でも、窓枠など木部が古いままで残ってしまう場合があります。勿論交換もできるのですが、なかなか大掛かりな工事になってしまう事も多いため、既存の枠にペンキを塗って仕上げる事が多いです。

ページの一番上へ

  
⑮ 内装仕上げ工事
水平線
  壁にクロスを張っていきます。水廻りの床は大理石調のフロアータイル、居室の床にはフローリングを張ります。ここまでくると気持ち的にもゴールは間近といった感じです。 リフォーム中写真

ページの一番上へ

  
⑯ 器具付け・クリーニング
水平線
  最後に洗面台、便器、アクセサリー類(紙巻き器、タオル掛けなど)を設置して、クリーニングを行い完成です。フローリングにワックスをかけると輝きが違います。

ページの一番上へ

  
⑰ 完成後
水平線
リフォーム完成写真  約1ヶ月半工期が掛かりましたが、3LDK+タタキ納戸の間取りに生まれ変わりました。今回、特に解体工事がコンクリートのハツリを伴っていたので、ご近隣の皆様に大変なご迷惑をお掛けしました。また水道メーター、ガスメーターなどが当然3世帯分あり、それを1つにまとめ既存のパイプスペースに移設する工事や、上の階の配管によってユニットバスの仕様変更が必要になったりと、現地調査ではつかみきれなかった部分で非常に頭を悩まされました。今では無事工事も完了してお客様にも喜んでご入居いただけましたのでホッとしております。

ページの一番上へ

リフォーム 世田谷区 江東区 目黒区 東京都 アレックス

<FONT face="メイリオ" style="font-family : メイリオ;">EMBEDなし</FONT>





■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■
■ ■ ■ ■ ■
TOPへ移動

Copyright (C) 2017 ALEX Corporation. All Rights Reserved.