戻る 進む   | Company0120-77-1488 |   ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ 
EMBEDなし

【 スケルトンリフォーム 】 の中のメニューです。【 中古を買ってリノベーション 】 の中のメニューです。
スケルトンリフォームのデメリット
水平線
 
デメリットもちゃんとチェックしないとね   「デメリット」と聞くとなんだかドキッとしますが、注意点と捉えて頂いたほうが良いかもしれません。しかし、「新築マンションの購入」と、「中古の購入+スケルトンリフォーム」を検討している方々にとっては非常に重要なポイントになるかと思いますので、その場合は一読されることを強くお勧め致します。


MB(メーターBOX)、PS(パイプスペース)
水平線
  MB(メーターBOX)、PS(パイプスペース)、などの位置変更は出来ません。マンションの年代によっては、排気専用のスペースが設けられている場合もあります。このスペースも位置変更は出来ません。(階下に住居がない場合は可能な場合があります)

窓・玄関ドアの変更は出来ません。
水平線
  窓・玄関ドアの変更は出来ません。通常スケルトンリフォームの見積りには、これらの交換費用は提示されていません。窓と玄関に関しては共用部分にあたるため、マンションの外観を統一するためにも、一般的には勝手に交換してはいけないものなのです。しかし、玄関はほとんどの場合不可ですが、窓の場合は同じ素材を使用すれば大丈夫な事が多いので、ご検討の際には忘れずにお申し付け下さい。(ちなみに、ベランダも共用部分です。)

間取りは自由なのだが・・・
水平線
  室内ををすべて解体してしまうので、どこにでも何でも設置できるのですが、ちょっとしたポイントがあります。それは、下の階のお部屋に何があるかを考えなくてはいけないことです。マンションではたいていキッチンの下にはキッチン、浴室の下には浴室、トイレの下にはトイレがあります。これは、マンションデベロッパーがプランニングし易かっただけな訳ではありません。例えば、寝室の上に浴室があったらどうでしょう?リビングの上にトイレでは? そうです。音の問題を考えなくては後のトラブルにつながってしまいます。自由にプランニングしつつ、下階にも配慮をする。プランニングはプロに任せないとトンでもないことにもなりますので、経験を積んだ業者・担当者に任せることを強くお勧め致します。

給排水配管の場所
水平線
  給排水を伴う設備に関してはどこにでも配置出来るわけではありません。給水に関しては大抵の場所への引き回しは可能なのですが、排水に関しては、最終的な縦管(PS)へ適切な傾斜をつけて設置できる範囲になります。(長年スケルトンリフォームに携わっているアレックスならではアイデアなども多々ございます。他社でダメだと言われてもあきらめないで、アレックスへご相談下さい。)

排気ダクトもポイントになります
水平線
  排気ダクトもポイントになります。キッチンやお風呂の換気扇は、最終的にはベランダや玄関の外へ、排気をしています。新しく設置した設備から、ズラリとこの配管が設置できなければなりません。天井裏を通せばいいのであろうと思っていると、思わぬところに天井梁があって、横断不可の場合もありますので、注意が必要です。

電源の容量が変更出来ない場合があります。
水平線
  電源の容量が変更出来ない場合があります。ブレーカーの容量のことですが、当然これが低いと沢山の電気設備を使うとブレーカーが上がってしまいます。容量を上げればいい話なのですが、マンションに割り当てられた容量というものがあり、早いもの勝ち的に容量アップを受け入れているので、既にアップ不可のマンションが多数存在致します。沢山の電気設備を使用する予定の場合は、事前に管理組合へ問い合わせたほうが良いでしょう。

撤去不可能な構造壁も存在する。
水平線
  撤去不可能な構造壁も存在します。専有部分は、外周の壁以外の壁・床・天井は造作物であると一般的には認識されていますが、中には、他の造作壁にまぎれて、構造壁が隠れている場合があります。事前に管理組合にある竣工図面を確認し、プランの妨げになる構造壁がないかを確認する必要があります。

斫り工事の騒音問題
水平線
  スケルトンリフォームの解体の際には、「斫り工事」が伴う場合があります。斫り工事とは、間仕切の代わりに設置されたブロック積みの壁や、構造体とは別にモルタルなどで形成された壁や床などを壊す工事です。この作業には、特殊な機材を使用致しますが、想像を絶する騒音が伴います。上下・両隣のお宅では、TVや電話の音もほとんど聞こえなくなり、その間在宅をしていれば大変な苦痛を強いられることになります。アレックスでも十分に配慮をしながら作業は致しますが、それでも、苦情が寄せられることもございますし、中には、「工事をストップしてくれ」とマンションの方から言われることもあります。もちろん、そんな権限があるかは疑問で、おかしな既成事実を作ってしまった為に、今後、他の専有部分で、スケルトンリフォームが出来なくなってしまうという事までは考えていないようですが、止めろといわれれば、止めないわけにはいかなくなってしまいます。出来るだけこのような状況を避けるためにも、ご近隣にお住まいの方々の中に、注意すべき人、例えば、非常に神経質な方、病気の方、小さい赤ちゃんがいる方、などご存知の情報を教えて下さい。場合によっては、工事挨拶に伺う範囲を広めたり、解体の工期を意図的に長くとり、時間帯を決めて斫り工事をしたり、深刻な場合は斫りをしなくてもいいようにプランを変更するなどの対応を致します。これらの場合は費用の面でお客様の負担が増えることもありますが、ご入居後のトラブルを避けるためにも、ご協力を頂ければと思います。


  メリットに比べて非常に少ない項目ではありますが、これらのポイントを抑えて、失敗のないスケルトンリフォームを実現できるように慎重な準備が必要でしょう。もちろん、アレックスにお任せいただければ、プロの目で全てをチェック致しますのでご安心下さい。
ページの一番上へ

リフォーム 世田谷区 江東区 目黒区 東京都 アレックス

EMBEDなし




■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■
■ ■ ■

Copyright (C) 2017 ALEX Corporation. All Rights Reserved..