戻る 進む   | Company0120-77-1488 |   ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ 
EMBEDなし
【 リフォームの知識と準備 】 の中のメニューです。
場所別リフォームポイント
水平線


リビング施工実例

page menu
キッチンのポイントについて
リビングについて
子供部屋・寝室
サニタリー
  生活の上で大切な「住む」ということが、日本ではないがしろにされがちです。これを機に自分にあった本当に住みここちのよいプランを考えてみませんか?お住まい方や普段の生活スタイルによって、お家のプランは様々です。自分にあったプランでリフォームするのが一番良いリフォームなのです。(当たり前の事なのですが・・・) ここでは、各場所ごとに少しだけポイントをお教えさせて頂きます。少しだけなのですが、知っていると知らないとでは、大きな違いが出てきます。


キッチンのポイントについて
水平線
■  キッチン形状
T列型
キッチンスペースが少なくて済みます。ダイニングとあわせて広くお部屋を使いたい方にはおすすめです。また、食器棚や冷蔵庫の置く位置に注意しないと使い勝手に影響します(動線が長くなりやすい)。
キッチンI型
U列型
流し台、加熱調理器、冷蔵庫の作業動線を短くとりやすく、収納もたっぷりとれ、使い勝手がよいキッチンになります。ただ、間の通路部分を広くとらないと数人で作業する時は大変です(1m程度はとりたいです)。また、その分スペースをとってしまいます。
キッチンU列型
L字型
作業動線を短くとりやすく、調理部が広がるためゆとりをもって料理ができます。部屋の隅にキッチンがくるためお部屋を広く使えますがその分T列方よりスペースをとってしまいます。
キッチンL字型
U字型
作業スペース・収納スペースともに広くとれ、動線も短くとりやすいです。しかし、キッチンに入る方向が1方向となるため、他の家事をしながらになりますと動きづらい面もあり、プランニング時には注意が必要です。
キッチンU字型
アイランド型
キッチン中央に作業部分がくるため動線も短くなりやすい。ダイニングやリビングとの全体的なバランスと、住まい方を考える必要がありそうです。高級感がでることは間違いないでしょう
キッチンアイランド型
  全体的な間取りと大きさ、お手持ちの収納家具(食器棚等)を考慮し、お好みのキッチンを選びましょう。

■  キッチンスタイ
オープンタイプ
壁など遮蔽物がなく、お部屋全体が開放的なキッチンスタイル。(T列型キッチンやL字型キッチンなど)
キッチンオープンタイプ
セミクローズドタイプ
お部屋からみて吊戸棚やフロア―キャビネットなどで遮蔽されており、一部分オープンのスタイル。適度に手元を隠せます。(U列型キッチンなど)
キッチンセミクローズドタイプ
クローズドタイプ
壁などでダイニング部分とキッチン部分が分かれていてキッチンが単独のスタイル。料理に専念できるかも。
キッチンクローズドタイプ

■  キッチンの使い易い寸法

  以前はキッチンの高さは80cmが多かったのですが、今は平均身長が高くなってきているため、85cmが主流です。最近はカウンター高さも細かく設定できるキッチンもあります。また、使う人の身長に合わせると腰への負担も軽く楽に調理ができます。
  • カウンター高さ参考式 身長÷2+5cm
  • 吊戸高さ参考式 カウンター高さ+95cm程度

  流し台の奥行きは60〜65cmが多いです。使いやすさを重視するなら、奥行きがある方がいいでしょう。小物スペースが多くなり流し台も広くなります。

■  リフォーム時に便利な設備機器
  最近はキッチンがどんどん進歩しています。リフォーム時に取り入れたい設備も増えています。
食器洗い乾燥機 食器洗い乾燥機
カウンター下ビルトインタイプや、カウンターの上から出し入れできるタイプ。4人用、6人用など様々です。とても便利です。
浄水器 浄水器
都会の気になる水道水。お水がおいしくなく、ペットボトルでお水を買ってくる方も多いはず。そこで、浄水器を使われている方も多いかと思います。邪魔にならない浄水器内臓の水栓は便利です。
シャワータイプ混合水栓 シャワータイプ混合水栓
毎日欠かさずしなければならない洗い物。シャワータイプならお水も節約できます。また、今まで洗いづらかったシンクの壁面部分もこれで大丈夫。
スライド収納 スライド収納
今までとりづらかった奥にしまった鍋。スライド収納なら上からとりだすため、出し入れ自在です。
  その他お使い方によって、便利な設備が沢山あります。ここだけはゆずれないという機能を取り入れて自分だけのキッチンを楽しみましょう。

  「使い勝手の良いキッチン」へリンク
  「キッチン」へリンク  ページの一番上へ




リビングについて
水平線
  お客様が入ってくるリビング。家具やカーテンなど装飾的な面に目を向けてしまいがちです。物が乱雑だとインテリアも台無しです。また、1日のうちで一番長くいる、家族の集まる場所なので、快適で健康でそしてお洒落にしたいものです。

■  床暖房床暖房画像
  足元からゆっくりと温まるので、エアコンなどより室内の温度が低めでも暖かく感じられます。空気も汚さずクリーンな暖房です。水蒸気も発生せず室内外の温度差が少ないので結露の発生も少ないです。




    「床暖房・エアコン」へリンク

■  健康志向の内装材
  建材に含まれる有害化学物質により引き起こされる「シックハウス症候群」が以前より問題になっています。壁紙も珪藻土や和紙などの自然素材で健康を優先させるのも一つの手です。
    「シックハウスについて」へリンク
  「珪藻土内装仕上材」へリンク  ページの一番上へ 




子供部屋・寝室
水平線
クローゼットの写真  寝室にクローゼットを設置する場合で、また、ベッドを置くときは、ベッドの位置を考えてからプランを立てましょう。クローゼットが近くにあると戸がぶつかって開けられないということがあるからです。クローゼット奥行きはふとんを収納するなら内寸で75cm必要です。洋服だけなら服の肩幅に合わせて60cmで十分です。また自分だけのこだわりポイントをつくるのも楽しいです。
    「スーパーキッズルーム」へリンク  ページの一番上へ 





サニタリー
水平線
水廻りは常に清潔に保ちたい場所ですが、逆に掃除の大変な場所でもあります。手入れをしやすくするというのも重要ポイントです。 

■  システムバス(ユニットバス)
  工場でユニット化されているので、現場施工で一から造作するより工期が短いのが特徴です。組みたてるだけなら1日です。また、今後のために高齢者などにもやさしい快適機能を持ったバスルームを選ぶのも1つの手です。例えば、
  • 段差のない(少ない)タイプ
  • 入浴前にお風呂内を暖める床暖房
  • 入口がワイドな三枚扉
  • 浴室内の手すり                                など
    「ユニットバス」へリンク


■  洗面化粧台

洗面化粧台  ボウルの大きさは15〜18リットルが主流ですが服のつけ置き洗いをしたい人は20リットル以上の大型を選びましょう。また、洗面台の高さは75cm〜80cmが使いやすい高さです。それ以上高いと顔を洗った時に水が腕をつたってこぼれてしまう場合があります。

■  トイレ
トイレ  将来の高齢者向けリフォームには、手すりを設置したり、出入口の段差をなくし、外開きドアにして取手もレバーハンドルにしましょう。何かあった時に閉じ込められる心配もありません。また、冬場のひやっと感をなくす為に、暖房便座や室内暖房も快適です。



  これらは、ほんの一例です。リフォームにおいてのポイントは多数あります。それを専門家がうまく使うか使わないかが決め手になります。上手に現況に融合させる事は、素人の方には大変難しい事です。ちゃんとお客様の事を考えて、他社よりも少し高い見積りを出したとしても本当に大事な情報はお伝えするのが業者の義務だと思います。

ページの一番上へ

リフォーム 世田谷区 江東区 目黒区 東京都 アレックス

EMBEDなし





■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■
■ ■ ■

Copyright (C) 2017 ALEX Corporation. All Rights Reserved.