戻る 進む   | Company0120-77-1488 |   ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ 
EMBEDなし

【 中古を買ってリノベーション 】 の中のメニューです。
中古×スケルトンリフォーム
水平線


  スケルトンリフォームを前提に物件を購入する場合、通常は不動産仲介会社に物件を案内してもらい、リフォームはリフォーム会社に頼むということになりますが、一番良いのは不動産仲介会社と提携していて、物件探しも一緒にしてくれるリフォーム会社を探した方がスムーズです。そうすることで、リフォームをするメリットデメリットが事前に分かり資金計画も合わせてできるため思い通りの住まいが手に入ります。

ポイント @
  現在の長期優良化住宅政策において、スケルトンリフォームは重要性を帯びています。ストック住宅が増え続ける中、生活スタイルも変わり、設備などの老朽化が進むため、もっともっとスケルトンリフォームは増えるでしょう。内部の内装仕上げや設備などより、構造躯体の耐用年数が長いこともあるでしょう。

ポイント A
  スケルトンリフォームは、今までのスクラップ&ビルドの住宅政策ではなく、使用できる部分は使用するため、廃棄物が少なくなるためエコでもあります。

ポイント B
  建物をスケルトンにすることで、実際に構造や躯体の状況など実際に目で見て確認することができるため、不具合などが見つかった時は補修が可能です。

ポイント C
  新築に比べ約6〜7割の費用で、同じくらいの物件を購入することが可能で、その分リノベーション費用に予算を当てられます。

ポイント D
  通常のリフォームではできない防音性能や断熱性能などの住宅性能の向上、また配管等の更新など住宅の価値を上げることが可能です。

ポイント E
  通常の中古物件の購入ですと、リフォーム済みの物件もあり自分の住みたいような間取りになっていなかったり、リフォームしても予算がオーバーしてしまったりします。スケルトンリフォームを前提に中古物件を探せば、一緒に資金計画もでき、自分の思い通りに住むことも可能です。

リフォーム 世田谷区 江東区 目黒区 東京都 アレックス

EMBEDなし




■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■
■ ■ ■

Copyright (C) 2017 ALEX Corporation. All Rights Reserved.

現在のホームページへはこちらをクリックしてください。